名古屋の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん名古屋東店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん名古屋東店

街の外壁塗装やさん名古屋東店

〒465-0025

愛知県名古屋市名東区上社4丁目162番地

TEL:0120-947-774

FAX:052-703-2608

おかげさまで名古屋や日進市、長久手市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-947-774

[電話受付時間] 9時~17時まで受付中

メールでのお問い合わせ

外壁と外壁のつなぎ目、元気ですか?


コーキング 目地材
屋根・壁・ドア・窓・・・。家にはたくさんの建材があります。物と物を繋いでいるシーリングってどんな機能があるのでしょうか?難しいことがわからない私ですが、頑張って調べてみようと思います!
シーリングとは、壁と壁に入れる防水材です。建物の水密性や、気密性を保持する重要な役割を果たしています。この防水材が劣化してしてしまうと、亀裂が発生したり、壁から剝がれてしまうなどの問題が発生してしまいます。亀裂や剝がれが起きてしまうと、耐水性が損なわれた場所から水分が進入してしまうのです。お家の内部=見えにくい所からお家の不具合が発生することで対応が遅れてしまう事があります。大事になる前にお家のお手入れをしてあげることが出来るといいですね! シーリングに求められることってどんな事があるのでしょうか?
気候に負けない接着力!
シーリング材は雨・湿気・熱によって接着力が低下していきます。しっかりとした接着力が建物への雨水の侵入を防ぐのです。
伸縮の繰り返しに負けない耐久力!
暑さ・寒さで建材は膨張したり収縮したりしますが、シーリング材はこの建材の伸縮に耐えることが必要です。また、地震時のサイディング・パネルの揺れを吸収する緩衝材の役割をします。
硬度の安定性!
長期間においてシーリングが切れないためには、硬度の安定が必要です。いつまでも柔らかく、建材の動きに合わせて動く特性が求められます。強度=固まる事だと思っていましたが、違いました(>_
目地・シーリングって重要ですね(@_@)この重要な場所・・・。最も傷みやすい場所でもあるそうです。シーリングの種類は各社からたくさん出ており、値段にも幅があります。『高耐久』とうたわれているものはやはり、とてもとても高く感じます。そこで、耐久年数のお話になります。建物の置かれている環境にもよりますが、早いと新築から3年~7年くらいで劣化現象が起きるようです。思っていたよりも早く感じます(*_*; 耐久年数の少ないものを選ぶと、お家のメンテナンス工事の回数が増えます。工事のたびに足場代は発生しますので、耐久年数の少ないものは材料の価格的にありがたいのですが、実際長い目で見るとメンテナンスのランニングコストに足場代がかなりかかってしまう事になるようです。高耐久のものは15年超のものもあるようです。単純に考えると耐久年数が短いもののおよそ2倍。一度組んだ『足場』最大限に使う事はとてもお得なんです! シーリング工事・屋根工事・外壁工事。その都度足場を組むのではなくて、一緒に工事を行う。それぞれに足場代がかかってしまう事はもったいない!なのです。しかし、一緒に工事をするためには建材の耐久年数を同じくらいにしておくことが望ましいですね。うちはどうすることが望ましいの?と思ってしまうときに、お気軽にご相談いただければお住いの屋根・外壁の種類に合わせた最適なプランをご用意することが出来ます。外壁に関する『?』が発生したら『街の外壁塗装やさん 名古屋東店』へどうぞお気軽にお声かけ下さい! 
名古屋市名東区、千種区、守山区、瀬戸市、日進市、長久手市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん名古屋東店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~17時まで受付中
phone0120-947-774
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん名古屋東店に