名古屋の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん名古屋東店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん名古屋東店

街の外壁塗装やさん名古屋東店

〒465-0025

愛知県名古屋市名東区上社4丁目162番地

TEL:0120-947-774

FAX:052-703-2608

おかげさまで名古屋や日進市、長久手市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-947-774

[電話受付時間] 9時~17時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  • > 外壁塗装と一緒に行いたい、破風板・鼻隠し・ケラバの補修

外壁塗装と一緒に行いたい、破風板・鼻隠し・ケラバの補修


破風板、鼻隠し、ケラバの解説と補修方法

屋根の端、破風(はふいた)や鼻隠しの傷みが気になる方へ

 お家の外廻りで最も傷みやすい部分をご存知でしょうか。それは外壁でも、屋根本体でもありません。屋根の端、面積で言えば、とても狭い部分で「破風(はふ)」や「鼻隠(はなかくし)」と呼ばれる部分です。お家の傷みは破風から始まるという方もいるほどです。

まずは破風や鼻隠しの場所を知りましょう

切り妻屋根の破風、ケラバ、鼻隠しの位置

 破風は「切妻(きりつま)」と呼ばれる屋根に存在する部位で、二等辺三角屋根の斜辺になっている部分を指します。

 破風の上端部分をケラバと呼びます。破風の部分に使われている建材を形状や材料から破風板(はふいた)と呼ぶこともあります。

 斜辺を下った端、地面と水平になっている部分は軒先と呼ばれます。軒先の先端には鼻隠しと呼ばれる部材が取り付けられていることがほとんどで、ここに雨樋(横樋)が取り付けられています。

 破風と鼻隠し、どちらも屋根の端にあるので混同しやすいのですが、破風が存在する屋根は切り妻と入母屋になります。

 寄棟は屋根が4面で形成されているため、破風は存在せず、屋根の下端は全て鼻隠しとなります。また、破風に雨樋が取り付けられることはありませんが、鼻隠しにはほぼ取り付けられています。

破風や鼻隠しの傷みは雨漏りに発展する可能性があります

 残念ながら、「こんなことになるなら気付いたときに直しておけばよかった…」というお客様が非常に多いのです。

 破風とケラバは直に雨が当たるところです。

 鼻隠しは雨樋に隠れている部分が多いものの、こちらも直に雨が当たります。日光も、風も、ダイレクトに当たりますからお家の中でもかなり負担を強いられている部分になります。

 破風や鼻隠しが傷み、水分を含み始めると当然のことながら、周辺にも悪影響を及ぼします。

 破風や鼻隠しに雨水が染み渡ると、その水分は軒天を浸食しはじめ、やがては外壁や小屋裏へと到達し、屋内にも浸入して来るのです。雨漏りに繋がってしまうことも珍しくありません。

 

  事実、「屋根の端っこの一部が傷んでいるだけだと思っていたら、軒の方も変色が始まり、お部屋の中にも雨染みができてしまった」という方もおられます。

 傷みが破風や鼻隠しの一部にとどまるなら、修理を急ぐ必要はないのですが、そうはいかないことがほとんどなのです。


 破風とケラバ、鼻隠しは傷みを見つけたら即修理! または外壁塗装のついでにメンテナンスがお勧めです

負担が大きく、傷みやすい破風や鼻隠しは雨漏りなどのトラブルを招く可能性があります
破風と鼻隠しに使われている材料について説明いたします。
木製の破風板

 二十数年前のお家でよく使われているのが木製の破風板や鼻隠し。紫外線や風雨による影響を受けやすいので、メンテナンスの頻度は高くなる。

モルタルの鼻隠し

 下地の上にモルタルを塗り、仕上げたもの。外壁がモルタルというお家に多い。現在ではモルタル外壁のお家が減少してきたため、このように仕上げられた破風や鼻隠しも減っている。

ガルバリウム鋼板の破風板

 木製の破風や鼻隠しにガルバリウム鋼板を被せたもの。耐用年数が長く、メンテナンスの手間も少なくなる。

窯業系の破風板

 外壁の窯業系サイディングと同じ材料で作られたもの。耐火性が高く、耐久性も窯業系サイディングと同じくらい期待できる。

状態塗膜が剥がれかかっている

症状

補修方法塗装(ケレンして塗装)

費用

これからの耐用年数普通

被害状況が中程度の破風板、鼻隠し

状態塗膜が剥がれは進行しているが、木材は健全

症状:中

補修方法破風板や鼻隠しを板金で撒いて覆ってしまう

費用

これからの耐用年数長い

※鼻隠しを板金撒きする場合、雨樋を取り外すので新しい雨樋にした方がお得
被害状況が大きい破風板、鼻隠し

状態塗膜の剥がれが顕著、木材にも劣化や腐食あり

症状

補修方法部分交換、または全交換(破風板や鼻隠しを部分的、または全面的に交換する)

費用

これからの耐用年数普通・長い

鼻隠しを交換する場合、雨樋を取り外すので新しい雨樋にした方がお得です

 木材から窯業系に変える場合、部分交換はできないので全交換となります。

 部分的に交換する場合でも全体的に塗装しなければなりません。


 お家が2階建の場合、1階部分よりも風雨が激しい2階部分の方が傷みは出やすいという特徴があります。

 また、2階部分の工事には足場が必要なので、まとめて他の工事もやってしまった方がお得です。板金巻きや交換をする場合は雨樋も新しくすることをお勧めします。雨樋をはずして、取り付ければ、これまでのものでも、新しいものでも、脱着は1回です。

鼻隠しを交換する場合は雨樋も新しくすることをお薦めします
足場を仮設する場合は複数の工事をまとめて行うと費用的にもお得に!

 破風板や鼻隠しの補修だけという工事をすると、雨樋交換が必要になった時に足場の仮設、雨樋の脱着を再度、行わなければなりません。工事中だと生活も落ち着かないし、費用の面でも大きな負担になってしまうでしょう。

 街の外壁塗装やさんは外壁塗装や屋根塗装だけではなく、破風と鼻隠しの補修や交換、雨樋の交換などにも対応しております。お家のことなら何でもご相談ください。

ケラバの状態別補修方法を解説します

瓦屋根のケラバのメンテナンスと補修方法

 ケラバ瓦と呼ばれるケラバ専用の瓦が使われているので、素材にあった方法でお手入れや補修を行います。 以下のような状態は雨漏りなど住まいに不具合を与えかねませんので、いち早い対応が必要となります。

ケラバ瓦のズレ

 状況に応じて適切な対応をしていきます。ずれていたり、外れている場合はずれや外れを直し、歪みなく整列させます。割れていたり、掛けていたりする場合はその部分を交換します。

 またセメント瓦やコンクリート瓦(モニエル瓦)などの屋根塗装が必要な瓦の場合、屋根塗装時にはケラバ瓦も同様に塗装します。

スレート屋根と金属屋根のケラバのメンテナンスと補修方法

 スレート屋根、金属屋根ではガルバリウムなどの板金のケラバが使用されているケースが多く、こちらも素材に合わせたお手入れや補修が必要となります。

錆びたケラバ

 屋根塗装時にケラバも同様に塗装します。また浮きが出ていたり、外れかかっている場合は釘やビスの増し打ちをしてしっかり固定し、錆などが酷い場合は交換します。同質役物(スレートと同じ材質で作られたケラバ)の場合も屋根塗装時には同様に塗装します。

石粒が吹き付けられている金属屋根のケラバ

 表面に石粒が吹き付けられている金属屋根の場合、同じように石粒が吹き付けられたケラバ用の同質役物もあります。

 こちらは基本的にノーメンテナンスで大丈夫ですが、定期点検は必要です。

 

 街の外壁塗装やさんは外壁塗装や屋根塗装だけではなく、破風と鼻隠し、ケラバの補修や交換、雨樋の交換などにも対応しております。お家のことなら何でもご相談ください。

名古屋市名東区、千種区、守山区、瀬戸市、日進市、長久手市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん名古屋東店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~17時まで受付中
phone0120-947-774
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん名古屋東店に