名古屋の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん名古屋東店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん名古屋東店

街の外壁塗装やさん名古屋東店

〒465-0025

愛知県名古屋市名東区上社4丁目162番地

TEL:0120-947-774

FAX:052-703-2608

おかげさまで名古屋や日進市、長久手市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-947-774

[電話受付時間] 9時~17時まで受付中

メールでのお問い合わせ

サイディング外壁の目地打ち替え工事の様子|一宮市


一宮市で外壁の塗装工事が始まります。

今回は塗装工事の前に行う外壁の目地打ち替え工事の様子をお伝えしたいと思います。

 

現在主流となっている外壁材にサイディングという外壁材があります。

そのサイディング外壁ですが、長方形の板状の物でそれを壁に張っていく事で壁を形成していきます。

しかしその外壁には板と板との継ぎ目が発生します。

それを目地と言い、そこにゴムの様な性質のシーリング材(コーキング材)を充填していきます。

そのシーリング材が継ぎ目からの漏水を防止したり、サイディング外壁の膨張・収縮に追従します。

しかし年数の経過とともに硬化収縮が進行して追従が困難になっていき

ひび割れやシーリングの剥がれが起きます。

 

新築から早い所で5~7年で剥がれてくる場合もあります。

 

サイディング外壁の裏には防水シートが張られており目地から雨が入ったとしても

すぐには雨漏れにはなりにくいですがあまり放置はしておかない方がお家の為にもなります。

 

今回は外壁の目地の打ち替えの様子をお伝えしていきます。

シーリング 目地打ち替え
シーリング 目地打ち替え
シーリング 目地打ち替え

左の写真は工事前の写真です。

シーリングの硬化収縮が進行してひび割れが起きています。

目地の打ち替え工事では既存のシーリングを撤去して新しい物を充填していきます。

 

真ん中の写真が撤去中の写真です。

 

右の写真はマスキングテープで養生を行い、プライマーという接着剤の様な物を塗っていきます。

プライマーを塗らないと数年で剥がれてしまう事もあるのでとても大事な作業です。

シーリング 目地打ち替え
シーリング 目地打ち替え
シーリング 目地打ち替え

プライマーを塗ってから新たなシーリング材を充填していきます。

そして空気を抜いていく様にヘラでならしていき養生を取って完成です。

 

一般的な大きさのお家ですと2~3日程かかります。

 

今回使用したのはオートンイクシードというシーリング材です。

とても高耐久なシーリング材で塗装工事にお勧めです。

また製品の説明は後日のブログにてしたいと思います。

名古屋市名東区、千種区、守山区、瀬戸市、日進市、長久手市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん名古屋東店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~17時まで受付中
phone0120-947-774
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん名古屋東店に